レビュー  2008年09月13日  に発表された 

大決戦! 超ウルトラ8兄弟
Great Decisive Battle! The Super 8 Ultraman Brothers

3ツ星

過剰なまでのファンサービス

『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』の2年後、まさかまさか「ダンディー4」が再結集。舞台を神戸から横浜に移して、ティガ、ダイナ、ガイア、メビウスの8人が競演する。設定がややこしい上、見てない作品が半数を占めるため、盛り上がりは前作に劣るが、ファンサービスは飛び抜けている。

まさか在りし日のパートナーまで登場するとは。アキコ(桜井浩子)、アンヌ(ひし美ゆり子)、アキ(榊原るみ)、夕子(星光子)が幸福に結ばれ、しかも過去を共有している。引退したり、海外移住していた人も、この映画のために駆けつけたと言うから半端ない。さらに子どもたちは役者たちの実子だという。すさまじい。挙げればキリがないが、駄菓子屋の主人(二瓶正也)や万城目淳(佐原健二)といったカメオ出演も見逃せない。
もうね、ファンサービスというレベルじゃない。その半分でも理解できる観客がどれほどいるだろうか? 出演者が同窓会気分で作ったお祭りムービーになっている。

ウルトラ兄弟8人中7人が別人なのに、メビウスだけ本人ってのはよかった。主人を見つけた犬のように駆け寄るが、みんなに困惑されるシーンは笑えた。しかも、あっという間に固められてるし。メビウスのひょろりとした感じは、かなり好感がもてる。がんばれ、メビウス!

ストーリーはいい加減すぎ。全世界のウルトラマンを憎む「黒い影法師」も、全世界のウルトラマンを覚醒させる「赤い靴の少女」の正体も明かされない。ウルトラシリーズをつなぐ重要な設定になるのだから、もう少し掘り下げてほしかった。ラストの日本丸も蛇足。

ウルトラブームを懐古趣味で終わらせず、次世代につないでほしい。


 Googleで「大決戦! 超ウルトラ8兄弟」を検索する
 Wikipediaで「大決戦! 超ウルトラ8兄弟」を検索する
 IMDBで「Great Decisive Battle! The Super 8 Ultraman Brothers」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B001J2UJVI
思考回廊 レビュー
大決戦! 超ウルトラ8兄弟