ULTRASEVEN X (全12話) ULTRASEVEN X

2007年 特撮 4ツ星 #ウルトラシリーズ SF:ファーストコンタクト 地球外生命 異世界に召還 記憶操作

こんなアプローチがあったとは!

「大人が見て楽しめるウルトラマン」を作るのは、CG技術が発達した現代においても難しい。巨人が怪獣とプロレスするビジュアルが、どうしようもなく不自然だからだ。しかし本作は、世界そのものを不自然にすることで解決している。ダークでスタイリッシュで、ハードSF。1クール12話という短さもちょうどいい。こんなアプローチがあったとはね!

主人公に共感しづらい

もちろん難点はある。全体的に状況説明が少なすぎて、世界に入りにくい。おまけに主人公が記憶喪失だから、立ち位置が定まらない。モロボシダンは宇宙人と地球人、双方の視点を有していたが、ジンには記憶がないため、地球人としての判断すらできない。にもかかわらず、難しい問題を瞬時に判断している。どんな根拠で裁いているのか。
視聴者はジンをウルトラセブンが化けた姿かもしれないと思っている。しかしジンは、その可能性に気づいていない。このギャップもつらい。

注目すべき不自然か、無視すべき演出ミスか

世界観が特殊すぎて、けっこう困惑した。たとえば宇宙人が襲ってきても人々が大騒ぎしないのは、政府が適切に情報統制しているせいか、すでに人類が退化しているのか、描写する予算がなかったのか、ピンとこなかった。またエイリアンの存在が明らかなのに、対抗するデウスが秘匿されているのも奇妙。ビデオシーバーの科学力が驚異的で、エイリアンの超能力と区別がつきにくかった。

「偽りの平和」 と 「真実の戦争」

「人類同士の戦争がない」という前提に立つと、マーキンド星人に侵略兵器を作らせていた"人間"の正体が気になる。じつはグラキエスに対抗するレジスタンスだったのかもしれない。いずれにせよ最終回で、グラキエスの支配は打ち破られる。これによって世界は大混乱し、人類同士の戦争も再開するだろう。ある意味、地球は一種のエイリアンに支配されることで、ほかのエイリアンから守れていたわけだから、さらにひどい事態になるかもしれない。
後日談まで描けとは言わないが、そうした可能性に悩むシーンはほしかった。でなければ、難解な世界観を設定した意味がない。

神のごときセブン

こうして見ると、セブン(ダン)は異世界の神のようだ。その神が、自分の世界にもどって、アンヌと結婚するシーンはのけぞった。アンヌは地球人男性と結婚して、一児の母じゃなかったの? あるいは平成セブンをなかったことにして、ずっと結婚を待っていたの?? アンヌを出したい制作者の気持ちはわかるけど、いくらなんでもストレートすぎ。ただの再会でいいのに。

各エピソードの感想を残しておく。お気に入りは第3話、第5話、第8話。

  1. DREAM ... 切れないアイスラッガーに愕然とする。
  2. CODE NAME"R" ... その決断を否定する資格があるのか。
  3. HOPELESS ... これがシリーズのコアになると思ったのだが......。
  4. DIAMOND"S" ... Sはやばいが、Mよりまし。あんがい普通人。
  5. PEACE MAKER ... 弱者に力を与えることなかれ。
  6. TRAVELER ... 彼がダンなら、深みがあったかもしれないが。
  7. YOUR SONG ... すんなり受け入れられない。Dも含めて。
  8. BLOOD MESSAGE ... これは恐ろしい爆弾。むしろ宇宙人でよかった。
  9. RED MOON ... 純粋ホラーがまぎれ込んでいた。
  10. MEMORIES ... いよいよ物語は核心へ。
  11. AQUA PROJECT ... プロットはわかるが、接続が弱いような。
  12. NEW WORLD ... 異界の神にも結婚願望が!

まぁ、残念に思うところもあるが、おおむね気に入っている。このテイストなら、できることはまだある。ウルトラシリーズの今後に期待したい。

ウルトラマン
昭和
Q
マン
キャプテン
セブン
平成セブン
怪奇大作戦
帰マン  
A エース  
タロウ
レオ  
ザ☆マン
80  
キッズ
USA  
G
パワード  
ネオス
ゼアス
平成第1期
ティガ
ダイナ
ガイア
ナイス
平成第2期
コスモス
ネクサス
マックス  
メビウス
WoO
SEVEN X
大怪獣バトル&ゼロ
大怪獣バトル
ゼロ
ゾーン
新世代ヒーローズ
ギンガ
X エックス
オーブ
ジード
R/B
ウルトラギャラクシーファイト
令和
タイガ
関連
関連作品
新世紀
ウルトラキッズDVD
ダイジェスト
TIME-SLIP
ゲーム

関連エントリー

2007年 特撮 4ツ星 #ウルトラシリーズ SF:ファーストコンタクト 地球外生命 異世界に召還 記憶操作
生物彗星WoO (全13話)

生物彗星WoO (全13話)

Bio Planet WoO
2006年の特撮 ★4

いい作品なんだけど、弱い ウルトラマン(善意の宇宙人)が地球防衛チームとタッグを組まなかった物語。巨大ヒーローは出てくるが、その位置づけはあいまいで、世間的には怪獣と区別されていな (...)

ウルトラマン (全39話)

ウルトラマン (全39話)

Ultraman
1966年の特撮 ★5

いやはや、傑作ですよ! 大人になってから見直すウルトラマンは、格別の味わいだった。特撮技術はつたないし、ストーリーも唐突なんだけど、どのエピソードもセンス・オブ・ワンダーに満ちあふ (...)

ULTRAMAN

ULTRAMAN

ULTRAMAN
2004年の特撮 ★2

なんて中途半端なウルトラマン 最新の映像技術とセンスで初代ウルトラマンをリメイクするというプロットはいいが、かっこよさもリアリティも中途半端になってしまった。本作のULTRAMAN (...)

プレイ / Prey (PC)

プレイ / Prey (PC)

Prey
2017年のゲーム ★4

作りこんであるが、粗い 一人称視点のSFサバイバルアクションゲーム。戦闘はあるが、スルー可能。パズルはあるが、簡単。お使いはあるが、代替手段あり。これはなにかと問われれば、探索ゲー (...)

Path to Mnemosyne (PC)

Path to Mnemosyne (PC)

Path to Mnemosyne
2018年のゲーム ★2

雰囲気はよい  手書きの2D背景をシームレスに拡大・縮小させることで、奥と手前へ行き来する独特のパズルゲーム。ところどころで横移動できるが、主人公の位置は変わらない。パズルは大した (...)

GRAVITY DAZE / 重力的眩暈:上層への帰還において彼女の内宇宙に生じた摂動 (PS4)

GRAVITY DAZE / 重力的眩暈:上層への帰還において彼女の内宇宙に生じた摂動 (PS4)

GRAVITY RUSH
2015年のゲーム ★2

アート系ゲームだった あらすじ 空中都市ヘキサヴィルは「重力嵐」と「ネヴィ」という脅威に晒され、崩壊寸前だった。そこで記憶のない少女が目覚める。彼女は黒猫ダスティから重力を操る力を (...)

ページ先頭へ