現代の主役 ウルトラQのおやじ Ultra Q's Dad

1966年 特撮 3ツ星 #ウルトラシリーズ ドキュメンタリー

実相寺レンズ越しに見る特撮の神さま

1966年に放送されていたドキュメンタリー番組「現代の主役」において、円谷英二監督が取り上げられた回。実相寺昭雄が演出したことで、まるで夢のような独特の雰囲気に仕上がっている。

正直、かなり聞き取りにくい。声が低く、抑揚がない。おまけに犬が吠えるような生活音も混じってる。しかし異様な長回しと、物陰からのぞき見るようなアングルで、その場で耳をそばだてているような気持ちになる。「ウルトラQ」にも通じる暗さ、不条理さ、虚ろさがたまらない。

M1号とラゴンが怪獣の将来について、円谷監督にインタビューするという趣向はおもしろかった。円谷監督はなんの気負いもなく、蕩々と信念を語る。やはり聞き取りにくいが、その佇まいから、なんとなく円谷監督の深さを知ったように思う。大人物とか、好々爺という意味ではない。彼は、奇人だ。
私はウルトラマンから円谷プロを知ったので、円谷監督は遠い人だった。この番組は、円谷監督の人となりを垣間見せてくれる。資料的な価値はわからないが、雰囲気だけで伝わるものがある。「ウルトラQ」が好きな人は見て損はないだろう。

最後に流れた手描きのテロップがよかったので、書き写しておく。

円谷さんは
あとひと月ほどで
65才を迎える

しかしなお
円谷さんは
くりかえしのきかない
本番一回だけの
危険にみちあふれた
特撮シーンに
自分を賭けている
青春こそ
本来くりかえしの
きかない
危険にみちあふれた
ものでは
なかったろうか

円谷さんは
今日も生き生きと
存在している

ウルトラQのおやじ
として

ウルトラマン
昭和
Q
マン
キャプテン
セブン
平成セブン
怪奇大作戦
帰マン  
A エース  
タロウ
レオ  
ザ☆マン
80  
キッズ
USA  
G
パワード  
ネオス
ゼアス
平成第1期
ティガ
ダイナ
ガイア
ナイス
平成第2期
コスモス
ネクサス
マックス  
メビウス
WoO
SEVEN X
大怪獣バトル&ゼロ
大怪獣バトル
ゼロ
ゾーン
新世代ヒーローズ
ギンガ
X エックス
オーブ
ジード
R/B
ウルトラギャラクシーファイト
令和
タイガ
関連
関連作品
新世紀
ウルトラキッズDVD
ダイジェスト
TIME-SLIP
ゲーム

関連エントリー

1966年 特撮 3ツ星 #ウルトラシリーズ ドキュメンタリー
TIME-SLIP FILE ウルトラセブン 1967

TIME-SLIP FILE ウルトラセブン 1967

Time Slip File - Ultra Seven 1967
2005年の特撮 ★2

お宝映像の「差分」 1967年の『帰ってきたウルトラマン』本放送当時の写真や映像、音声を紹介するブックレットとDVDのパッケージ商品。産まれる前の作品だから、懐かしいとは思わないが (...)

TIME-SLIP FILE 帰ってきたウルトラマン 1971

TIME-SLIP FILE 帰ってきたウルトラマン 1971

Time Slip File - Ultraman Jack 1971
2006年の特撮 ★2

ターゲットは狭い 1971年の『帰ってきたウルトラマン』本放送当時の写真や映像、音声を紹介するブックレットとDVDのパッケージ商品。同じシリーズの『セブン』に比べると、裏方サイドの (...)

TIME-SLIP FILE ウルトラマン1966

TIME-SLIP FILE ウルトラマン1966

Time Slip File - Ultraman 1966
2005年の特撮 ★2

物足りないお宝映像 『ウルトラマン』の放送当時のお宝映像に、満田監督が音声ガイドをつけたもの。8mm映写機を誰ももっていなかったことや、新人監督の立場、撮影現場のヤリクリなどは興味 (...)

TIME-SLIP FILE ウルトラマンタロウ 1973

TIME-SLIP FILE ウルトラマンタロウ 1973

Time Slip File - Ultraman Taro 1973
2007年の特撮 ★2

内容が薄い テレビ放送当時のお宝映像を集めたタイムスリップファイルの1つ。ほかの作品に比べお宝映像は少なく、スライドを見ながら満田監督が解説するパートが多い。ビジュアルブックがある (...)

月世界旅行&メリエスの素晴らしき映画魔術

月世界旅行&メリエスの素晴らしき映画魔術

Le voyage extraordinaire
2011年の外国映画 ★5

「困難なことはすぐやれ。不可能なことは少し時間を」 いかにして映画は生まれたか? ジョルジュ・メリエス監督のアイデア、努力、栄光、そして挫折。その背景に、現実が空想を追い越す時代が (...)

忘れたフリをして / 船場センタービル50周年記念短編アニメーション  (13分)

忘れたフリをして / 船場センタービル50周年記念短編アニメーション (13分)

2020年のアニメ ★2

これはこれで... 作者が「うつ」を経験し、「うつ」を考えずにいられなかった事情はわかった。むろん船場センタービルには関係ないし、プラスのイメージもない。それでも船場センタービルは (...)

ページ先頭へ