[Edit]
[レビュー2004年10月04日に発表された 

渋谷怪談 サッちゃんの都市伝説 (全14話)

Sibuya-Kaidan Sacchan no Toshidensetsu

サッちゃん、売り出し中

渋谷怪談シリーズの企画者は、サッちゃんを貞子や伽椰子のようなキャラクターに育てたいのだろう。しかしサッちゃんの注目度はぜんぜん足りない。『渋谷怪談』(2004)や『渋谷怪談2』(2004)がどれほど売れたか知らないが、サッちゃんの功績ではないだろう。

本作は都市伝説をテーマにしたオムニバスドラマだが、実態はサッちゃんの売り出し企画である。有名な都市伝説をアレンジなく使っているため、途中で「あぁ、あれか」と結末を読めるが、サッちゃんの出番は予測できない。サッちゃんは脈絡なく登場し、物語をかっさらってしまうから、思わず笑ってしまう。あんがい、スターの素質がある。
最終話で見せた素顔はかわいかった。

顔立ちの整った子がたくさん出てくるが、みんな性格が悪くてイヤになる。渋谷という土地柄を反映しているのか。なんだか渋谷がイヤな土地に思えてきた。

  1. サッちゃんメール
  2. アイスクリーム
  3. あこがれの人
  4. チェーンメール
  5. 三本足
  6. 心霊写真マニア
  7. 耳たぶの白い糸
  8. 友達だよね
  9. 公衆トイレ
  10. リフォーム
  11. 安すぎる自転車
  12. TVの砂嵐
  13. サッちゃん

エピソードごとのレビューを書こうと思ったけど、ちょっと時間を開けたら内容を忘れてしまった。

ショートホラー
怪談新耳袋
ほん怖:OV
ほん怖:TV
ほんとうにあった怖い話
オムニバス
トリハダ
ほか
闇芝居
古典
ゲーム

Share

Next