レビュー  2008年04月04日  に発表された 

ほんとうにあった怖い話 第十夜「憑依」
Hontouniatta Kowaihanashi Vol.10

2ツ星

強引だなぁ

破れた傘

[あらすじ] 主人公は女子高生。友人のアキコが破れた傘を拾う。それ以来、アキコは挙動不審になった。後をつけると死体を見つけた。アキコは死体の霊に憑かれていたのかもしれない。そしてアキコは行方不明に。

[感想] 傘と死体の因果関係がわからないし、目的を達したのにアキコが行方不明になるのも変だが、まぁ、体験話だから仕方ないか。

きしむ音

[あらすじ] 主人公若い女。河原でデート中、彼氏が白い石を拾う。それ以来、彼は首が痛いといい、挙動不審になる。夜、彼の首をもんでいたが、気がつくとロープで首を絞めていた。彼とは別れることに。この河原で失恋した女が自殺したらしい。

[感想] 石は、首絞めにも自殺にも関係なかった。要するに霊がイチャイチャするカップルに嫌がらせしたってこと?

歯型の跡

[あらすじ] 主人公は若いOL。入社試験の面接会場で一人の女性が痙攣して倒れる。あとでビデオを見ると、女性にしがみつく女が映っていた。そして女性に噛みつかれた上司は病気になって、現在も回復していない。主人公はその会社をやめたが、腕にはあの女性に掴まれた痕が残っていた。

[感想] しがみつく女のビジュアルはよかったが、因果関係がわからない。無差別に感染するなら会社をやめても意味がないだろう。

死骸

[あらすじ] 主人公は若い男で、友人・ノボルから聞いた話。ノボルは車を運転中、ネコを轢いてしまい、挙動不審になった。現在は入院中。

[感想] おかしくなったノボルから、詳細な話をよく聞き出せたもんだ。

憑依

[あらすじ] 主人公は若いOL。残業のため深夜まで会社に残っていると、同僚の女性(モリオ)が財布をなくしたと言って戻ってきた。いっしょに財布を探すが、モリオの様子はおかしくなり、主人公は不気味なものに襲われ気絶する。その後、モリオは会社に来なくなった。

[感想] 財布をなくしただけでこんな目に遭うとは。なにが起こっているのかさっぱりわからない。

 Googleで「ほんとうにあった怖い話 第十夜「憑依」」を検索する
 Wikipediaで「ほんとうにあった怖い話 第十夜「憑依」」を検索する
 IMDBで「Hontouniatta Kowaihanashi Vol.10」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B0012UK80E
思考回廊 レビュー
ほんとうにあった怖い話 第十夜「憑依」