レビュー  2013年07月14日  に発表された 

闇芝居 (第1期/全13話)
Yamishibai: Japanese Ghost Stories 1st Season

4ツ星

「おしまい」

都市伝説を題材にした5分枠のショートアニメ。昭和の紙芝居のような雰囲気だが、一枚絵ではなく、切り抜かれたキャラクターが揺れたり、ひっくり返ったりする。都市伝説っぽい話もあるが、多くはオリジナルのモンスターホラー。投げっぱなしで終わるところは『新耳袋』を彷彿させる。

まず胡散臭いナレーション、「よってらっしゃい、見てらっしゃい。闇芝居の時間だよぉ。」で始まって、タイトル。一枚引いて「これは、ある町の○×のお話なんだなぁ。」と状況説明。実質4分しかないから、導入はじつに簡潔。日常生活の中で奇妙なものを見かけ、首を突っ込むと悲惨な目にあう。それからどうした? って思ったところで「おしまい」。初音ミクの「怪々絵巻」が流れる。

  1. お札女 ... アパートに引っ越してきた青年。いつもこちらを見ている向かいの女が気になる。その女は警察に逮捕されたが、部屋に御札が残っていた。剥ぎ取ると幽霊がいっぱい。[感想] つまり女が主人公を守っていたってこと?
  2. 惨拝 ... 病院で目覚めた青年。同部屋の入院患者は挙動不審。退院すると、病院の屋上で彼らが手を降っていた。タクシーの運転手にそのことを話すと、「惨拝だ! あんたは生きて村から出られない!」と叫ぶ。そこにダンプが突っ込んできた。[感想] 事情がわからぬまま終了。惨拝の影絵が怖い。
  3. 家訓 ... 両親といっしょに田舎に帰省した息子。村のしきたりで、両親は息子を残しておじいちゃんの部屋へ。夜、息子が部屋をのぞくと親戚一同が狂ったように笑っていた。恐怖に顔をひきつらせる息子に、何かが襲いかかってきた。[感想] 化粧し、笑っていれば襲われないようだが、そこに息子を呼ばなかった理由など、わからない点は多い。そこまで考える人もいないか。
  4. かみ ... 学校で残業していた女性教諭。ふいにチャイムが鳴り響く。印刷機を動かすと、不気味な顔が見えて、印刷物に髪の毛がまとわりつく。勝手に動く印刷機。電源を抜くと、そこに女が立っていた。[感想] よくあるジャパニーズ・ホラー路線。
  5. 異階 ... デパートにやってきた親子。父親は急な仕事のため帰る。エレベータに乗ると、真っ暗だったり、真っ赤だったり、不気味なフロアを案内される。エレベーターガールに文句を言うと、それはマネキンだった。通常のフロアに着いたので降りるが、だれもおらず、電源が落ちて真っ暗に。背後でエレベーターが閉まった。[感想] わけがわからないが、雰囲気はこわい。
  6. 網棚 ... 仕事に疲れ、満員電車で帰る男。網棚に肉塊が乗っていることに気づくが、ほかの乗客は見向きもしない。人身事故の影響で車内が停電になると、肉塊は大きくなって男にまとわりつく。これは幻覚だと目をつむる男。耳元で「すぐ楽になるよ」と囁く声がする。[感想] これまた不条理。みな見えてないのか、見えないふりをしているのか。後者ならおもしろい。
  7. 矛盾 ... 深夜、家でくつろぐ優子に、友人の真由美から電話がかかってくる。真由美は彼氏と心霊スポットに出かけたが、彼氏が消えてしまったと言う。そのときドアがノックされ、まゆもの彼氏が同じようなことを話す。ドアを開けると、彼氏は死霊だった。[感想] 最後はドアを開けるべきじゃなかったね。
  8. 傘神様 ... ケンちゃんは、友だちのタケルの家に向かう途中、晴れているのに傘をさす不気味な女性を見かける。そのことをタケルの親に話すと、「傘神様」だと言っておびえる。大人たちはケンちゃんを蔵に閉じ込め、朝まで絶対に開けるなと厳命する。夜、タケルが訪ねてくるが様子がおかしい。盛り塩が消える。[感想] 八尺様のアレンジだが、弱い。
  9. 祟られ ... みにくい痣に悩まされる娘。母親が霊媒師に相談すると、先祖の祟りだと言う。除霊してもらうと、娘の痣はきれいに消えた。しかし霊媒師は死に、「除霊は失敗した」と言い残していた。 [感想] ただの失敗で、元に戻っただけならいいんだけど。
  10. ... 強化合宿に来た高校生たち。うち1人は小学生のころ、トイレに落ちたらしいが、本人はおぼえていない。なんとなく落ちたことを思い出すが... [感想] つまり記憶を奪う妖怪がトイレにいたってこと?
  11. ビデオ ... 3人の子どもたちが宿題の息抜きに、幽霊が映ったビデオを見る。1人には霊が見えるが、ほかの2人には見えない。気がつくと2人が怪物になっていた。 [感想] 強引かつ意味不明。
  12. トモナリクン ... 子どもたちが影と遊んでいる。女子高生が声をかけると、「トモナリクン」と遊んでいるといい、成り行きから女子高生も遊ぶ約束をしてしまう。その後、子どもたちは約束の履行を求めてつきまとい、トモナリクンが彼女の家にいるといい出す。怖くなって子どもたちを追い出すが、影は大きくなって女子高生を連れ去った。影が2人になった [感想] 意味不明だが、ツボは押さえている。
  13. 疼憑き ... 2人の少年が櫓に登って、大人たちの祭りを双眼鏡で見ようとする。祭りを見た少年は様子がおかしくなって、姿を消す。夕方、その友だちが遠くにいたので双眼鏡を覗くと、くねくねした友だちが襲ってきた。[感想] 白くないクネクネだね。
 Googleで「闇芝居 」を検索する
 Wikipediaで「闇芝居 」を検索する
 IMDBで「Yamishibai: Japanese Ghost Stories 1st Season」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B019KDX9DW
思考回廊 レビュー
闇芝居 (第1期/全13話)