レビュー  2016年08月26日  に発表された 

心霊写真部 リブート
Shinreishashinbu Reboot

3ツ星

何度でも蘇ってくれ

その名のとおり主人公が心霊写真部に入るところからやり直したリブート映画。といってもストーリーは『心霊写真部 壱限目/弐限目』(主演:中村静香)の焼き直しではなく、劇中でもかつて心霊写真部があったと言及されているから、ゆるやかな続編と言える。
このレビューを書くにあたって調べたら、2015年に『心霊写真部 劇場版』(主演:奥仲麻琴)が上映されていた。まぼろしの参限目/肆限目で、一度完結していたのか。知らなかった。

ストーリーについて語ることはない。2話構成だが、どちらも部長とリリが痙攣するし、「運命に逆らえってな」といったセリフを言わせるなど、ニコ生ユーザーへの配慮が行き届いている。
レギュラー陣の演技は絶望的だが、謎の少女(小宮有紗)の声は素晴らしかった。カメラワークはひどい。素人がカメラを持っている雰囲気を出すなら、インジケーターを表示すればいいのに。あとマスク殺人鬼の存在感がなかったため、ラストは唐突。続編を作りたいのはわかるが、ちょっと、これは、ねぇ。

心霊写真部は小規模でいいから、ほそぼそとシリーズ化してほしい。


 Googleで「心霊写真部 リブート」を検索する
 Wikipediaで「心霊写真部 リブート」を検索する
 IMDBで「Shinreishashinbu Reboot」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B00OOQH39C
思考回廊 レビュー
心霊写真部 リブート