レビュー  2015年08月22日  に発表された 

ほんとうにあった怖い話 第三十一夜 禁断の遊び チャーリーゲームの呪い
Hontou ni atta kowai hanashi 31

2ツ星

幻想的な雰囲気になっているが、眠たい

2016年、ニコ生で鑑賞する。本作は劇場公開されたらしい。タイトルに「第三十一夜」といれたのは、それだけシリーズがつづいていることを伝えたいのだろう。「禁断の遊び チャーリーゲームの呪い」と題したのは、女の子がたくさん出演するからだろうな。

  1. 死の煙 ... 霊感が強く、死にゆく人の肩にゆらめく煙が見える女子大生。旧友の写真に死相が見えたので、故郷に帰って食い止めようとするが... [感想] 百合展開を期待したが、まさかの妄想オチだった。死の煙も虚構だったのか? 整理すればもっとおもしろくなりそうだ。
  2. 生霊 ... 不倫中の男。ある日、妻から不倫相手と同じ薔薇の匂いがすることに気づく。そのころから不倫相手の様子がおかしくなり、男は、妻の生霊が不倫相手に悪さしていると考える。 [感想] 逆転はおもしろかったが、不倫相手が仕組んだにしては無理がある。
  3. 禁断の遊び チャーリーゲームの呪い ... 女子高生たちが廃校を訪れ、こっくりさんのようなチャーリーゲムを楽しむ。質問に対し霊がYES/NOで答えるのだが、次々に秘密が暴かれ、戦々恐々となる。 [感想] ショートホラーとしてはいいが、読者投稿に基づく再現ドラマとしてはありえない。本作の目玉のはずだが、思慮が足りない。

どれも、もう少し練りこめばおもしろくなりそうな感じ。その一歩が、映像制作では難しいようだ。

 Googleで「ほんとうにあった怖い話 第三十一夜 禁断の遊び チャーリーゲームの呪い」を検索する
 Wikipediaで「ほんとうにあった怖い話 第三十一夜 禁断の遊び チャーリーゲームの呪い」を検索する
 IMDBで「Hontou ni atta kowai hanashi 31」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B00ZYO7QDQ
思考回廊 レビュー
ほんとうにあった怖い話 第三十一夜 禁断の遊び チャーリーゲームの呪い