レビュー  2004年04月03日  に発表された 

ほんとにあった怖い話(#12) 特別編
Honto ni atta kowai hanashi Tokubetsuhen

2ツ星

2本立ての時代もあったのか

黄泉の森

[あらすじ] カップルが自殺の名所と言われる森に足を踏み入れた。白い女が見えて、全力で逃げ出す。車に乗り込むが、フロントガラスいっぱいに無数の霊が張り付いていた。

[感想] 投げっぱなしやな。

影の同調

[あらすじ] 主人公は美容学校に通う女性。近ごろ、自分がスイッチを入れると電球が切れたり、自分の洗面器だけ床に落ちたりして、気力が下がっていた。嫌がらせかを疑うが、だれもいないのに洗面器は落ちた。先輩に相談すると、かつてこの女子寮で自殺した生徒がいたという。すっかり気落ちした主人公が弱音を吐くと、自殺した女生徒の霊があらわれ、自殺しそうになる。そのとき洗面器が落ちて、主人公は我に返る。自殺した女生徒の霊は、主人公を勇気づけるために現れたのだった。

[感想] ごめん、ちょっと意味がわからない。

 Googleで「ほんとにあった怖い話 特別編」を検索する
 Wikipediaで「ほんとにあった怖い話 特別編」を検索する
 IMDBで「Honto ni atta kowai hanashi Tokubetsuhen」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B0046XR7I0
思考回廊 レビュー
ほんとにあった怖い話(#12) 特別編