[Edit]
[レビュー2011年11月25日に発表された 

あなたの知らない怖い話2

Anata no Shiranai Kowai Hanashi 2

たまたま現場にいただけで怨まれるのは理不尽だ

10分のショートコントならぬ、ショートホラー。怖さもオチもないが、腹立たしいほど駄目ではない。サクッと楽しめる。

  1. 目玉探し ... たまたま現場にいただけで取り憑かれる主人公があわれ。自殺したなら、ほかに怨む相手が居るだろうに。
  2. トイレのSOS ... 助けてもらうためにホースを引っ張ると、憎い相手の首を吊る仕掛けはおもしろい。どうしてそうなるのかも描いてほしい。
  3. 悪皿 ... よくある都市伝説をモチーフに、おもしろくなるかと思ったが、無理だった。
  4. 中の人 ... 酔っぱらって不審物を拾ってしまう出だしはよいが、それが災いする展開はもうワンパターンすぎる。
  5. 絆創膏おまじない ... おまじないがモチーフ。主人公が学生なら、まだ説得力があったか。1つになる=食べるという解釈は無茶がありすぎる。
  6. ラブレター ... 霊に愛されるのはいいが、身体の部位を送りつけるのは拙速すぎる。
  7. 黒いストール ... 姉妹に魅力がないため、まったく興味が湧かない。
  8. 564のフォルダ ... パソコンに吸い込まれる演出はチープすぎる。564とはなんだったのか。
  9. 印刷された物 ... 霊の警告が正しかったパターン。しかし男女の描写が浅く、乗り切れなかった。
  10. 効かないよ ... 霊能力者が役に立たない話。プロットはよかったと思う。
  11. 未来予告電話 ... そもそもニートに未来がないため、話が盛り上がらない。派遣社員やリストラされた人の方がよかったと思う。
  12. あの子に見えた赤 ... じつは死んでいたシリーズ。
  13. ずっとトンネル ... 世にも奇妙な物語っぽいエピソード。尻切れトンボ。
  14. コインランドリー ... 殺人鬼の情報をTwitterで知ってしまうのはよかったが、そのあとは意味不明。被害者の霊が、たまたま現場にいた無関係の人を怨むパターンが多い。

ショートホラー
怪談新耳袋
ほん怖:OV
ほん怖:TV
ほんとうにあった怖い話
オムニバス
トリハダ
ほか
闇芝居
古典
ゲーム

Share

Next