[Edit]
[レビュー1995年08月04日に発表された 

学校であった怖い話 (SFC)

Gakkou de atta Kowai Hanashi

サウンドノベル黎明期の佳作

あらすじ

 新聞部に所属する主人公は、「学校の七不思議」をテーマに7人の語り手から怪談をうかがうことになった。ところが当日は6人しか集まらない。まだ来ない1人を待たず、6人の語り手はそれぞれが知る怖い話を語りはじめた。そして語り終えるごとに異変が起こって......。

サウンドノベル形式のアドベンチャーゲーム。「学校であった怖い話」というタイトルだが、「学校を舞台にした怪談」でも、「実際にあった出来事」でもない。個々のエピソードは突飛なものが多く、怪談としては今ひとつだが、物語と語り手の関係がほのめかされたり、語り手が消えてしまう展開はおもしろい。終盤で明かされる全体像も(突飛ではあるが)、ふつうのホラー映画として楽しめる。

文章を読むのは面倒だった。声優さんが吹き替えてくれていたらなぁ、と思うが、SFCのスペックでは無理か。実写取り込みの学生たちは、いやになるほどリアル。ずっと見つづけるのはつらいが、独特の雰囲気を醸し出していた。
くだらない作品と思われがちだが、そんなに悪くない。2008年にWii版が発売されたそうだ。この手のコンテンツは経年劣化しないね。

ショートホラー
怪談新耳袋
ほん怖:OV
ほん怖:TV
ほんとうにあった怖い話
オムニバス
トリハダ
ほか
闇芝居
古典
ゲーム

Share