レビュー  2008年09月19日  に発表された 

リアル肝試し (全5話)
Real Kimodameshi

2ツ星

音量調節が難しい

4人の男女が肝試しに向かう途中と現地で、4つの怖い話をする。内容的には移動型「ほんとにあった怖い話」で、肝試しに関連しているわけじゃない。関連すれば見事だが、そこまで求めるのは酷か。

  1. リアル肝試し ... なにかが出るわけじゃない。
  2. 樹海への誘い ... びっくりしたけど、内容をおぼえていない。
  3. 地下駐車場の過去 ... 主人公の受難がかわいそう。
  4. お化け屋敷の女 ... 1つのネタで引っ張るな。
  5. 写らない右足 ... これも弱々しい。

エピソードはよくある話ばかりで、キレがない。ぶっちゃけ、単調にして退屈だった。幽霊もあからさまにメイクした人間なので萎える。ただ、音響は怖かった。ほぼ無音で進行し、徐々に盛り上げて、大きな音でびっくりさせる。ボリュームを大きくしないと会話が聞き取れないため、トラップのようになっている。まぁ、何度も楽しめる要素じゃないが。

 Googleで「リアル肝試し 」を検索する
 Wikipediaで「リアル肝試し 」を検索する
 IMDBで「Real Kimodameshi」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B001BS468M
思考回廊 レビュー
リアル肝試し (全5話)