レビュー  2009年04月03日  に発表された 

ほんとうにあった怖い話 第十四夜 神隠し
Hontou ni atta kowai hanashi 14

2ツ星

「神隠し」をテーマにしたオムニバス、ではなかった

「神隠し」がテーマと思ってみたので拍子抜けしたが、第4話がサブタイトルになってるだけだった。まぁ、どれも定番フォーマットの怪談。演技も映像もしょぼいので、音響に頼る部分が大きい。

第一話「長い影の女」

[あらすじ] 主人公は若いOL。遅刻しそうになって走っていると、髪の長い女が飛び降り自殺する現場を目撃してしまう。しかし急いでいたため主人公は通報せず、去ってしまった。その日から奇妙な出来事が連続。怖くなって警察に相談するが、その日、自殺はなかったと言う。

[感想] 導入はいいが、霊のからみが怖くなかった。罪悪感ゆえの幻覚と解釈できる余地があればおもしろかったかも。

第二話「暗い道」

[あらすじ] 主人公は若いOL。駅からの帰りは、人通りのない暗い道を歩かなければならないが、道路工事がはじまって一安心。そこの警備員と挨拶するようになった。工事は突然終わったと聞かされるが、なぜか警備員が立っていた。じつは警備員が死んだことで工事が終わっていた。

[感想] 工事が終わったことを知らず、いないはずの警備員と挨拶する間があった方がよかった。

第三話「黒い子供」

[あらすじ] 主人公は工場で働く若い男。真っ黒に焼けただれた子どもの霊を見かけるようになる。その子どもが触れた同僚は火傷で重傷を負ってしまった。子どもはいまも工場にいる。

[感想] いまもいるってところがいいね。供養しないことが、自分の身を守ることになっているのかも。

第四話「見知らぬ女性」

[あらすじ] 主人公は若い女性。バイトから帰ると家にだれかがいた気配がする。ストーカーを警戒し、彼氏と相談してビデオカメラを設置するが、彼氏の様子がおかしくなり、連絡が途絶える。その後ビデオを再生すると、不気味な女が映っていた。怖くなって引っ越すが、女はいまも近くにいた。

[感想] テンポが遅くて寝てしまった。レビューを書くため巻き戻してもう一度見たけど、ほんとにだるかった。

第五話「神隠し」

[あらすじ] 主人公はお姉さん。4歳年下の妹が行方不明になった。

[感想] 因果関係がはっきりせず、なんと言っていいのか。

 Googleで「ほんとうにあった怖い話 第十四夜 神隠し」を検索する
 Wikipediaで「ほんとうにあった怖い話 第十四夜 神隠し」を検索する
 IMDBで「Hontou ni atta kowai hanashi 14」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B001P953EI
思考回廊 レビュー
ほんとうにあった怖い話 第十四夜 神隠し