レビュー  2006年08月04日  に発表された 

怪怪怪 -映像で見せる恐怖の実話怪談-
Kai Kai Kai

2ツ星

映像で見せるって、そういう意味か

バンドマンのような中年男性(中山市朗)が、クラブのような場所で女の子をはべらせて、怖い話を聞かせる作品。「映像で見せる」とあるが、再現映像や心霊動画はない。終盤、女の子たちが心霊スポットに出向くが、そこで怪談を聞くだけ。つまり「怪談を語って聞かせる場面の映像を見せる」作品だった。

エピソードごとに怪談を語る場所や女の子の顔ぶれが変わるが、とくに意味はなさそうだ。舞台裏で、女の子たちが感想をおしゃべりする。たわいのない同意ばかりだが、かすかな緊張感があって、ちょっぴり怖かった。

怪談はそれなりに怖いものもあれば、よくわからないものもある。内容より中山氏のしゃべり方に注意が向く。稲川淳二とはちがった語り口調で、なかなか怖い。こんな風に語れたらおもしろそうだが、マネしようと思ってマネできるものじゃない。


 Googleで「怪怪怪 -映像で見せる恐怖の実話怪談-」を検索する
 Wikipediaで「怪怪怪 -映像で見せる恐怖の実話怪談-」を検索する
 IMDBで「Kai Kai Kai」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B000WGUSE0
思考回廊 レビュー
怪怪怪 -映像で見せる恐怖の実話怪談-