レビュー  1997年08月08日  に発表された 

古伝降霊術 百物語 ほんとにあった怖い話 (SS)
Hyakumonogatari

3ツ星

これはこれでアリかも

百物語を題材にしたサウンドノベル。一般投稿による実話怪談というスタイルは、『新耳袋』に通じるものがある。ストーリーのクオリティは高くない。尻切れトンボだったり、超展開が目立つが、そこはご愛嬌。怪談はホラーじゃないし、実話怪談に整合性やオチがないのは常識だ。

稲川淳二による語り、実写映像の挿入、ユーザー操作によるポリゴン空間の探索、効果音、セガサターンの内部時計に応じたメッセージ切り替えなど、いろんな趣向が凝らされている。1エピソード当たりのプレイ時間も短く、サクサク進められる。それでも100本はけっこうなボリュームだから、あっさり終わることはない。5,800円という価格に見合うんじゃないかな?

お気に入りは、お沙代ちゃんコーナー。唐突な問いかけも驚くが、彼女の背景が百物語で描かれたのもよかった。全編にわたって、サービス精神に満ちた一本である。

 Googleで「古伝降霊術 百物語 ほんとにあった怖い話 」を検索する
 Wikipediaで「古伝降霊術 百物語 ほんとにあった怖い話 」を検索する
 IMDBで「Hyakumonogatari」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B000069U4Y
思考回廊 レビュー
古伝降霊術 百物語 ほんとにあった怖い話 (SS)