レビュー  2012年06月27日  に発表された 

もっとあなたの知らない世界 亡霊編
Motto Anata no Shiranai Sekai ~Bourei-Hen~

2ツ星

十把一絡げ

携帯サイト『見てはいけない.COM』に投稿された怪談を実写化し、ホラー番組『見てはいけないTV』で放送されたもの。私はサイトも番組も見ていない。タイトルが往年のホラー番組『あなたの知らない世界』にそっくりだけど、関連があるんだろうか? こうしたホラーオムニバスはどれも同じような内容だから、タイトルや系譜で区別する必要もないか。

死者が呼ぶ森 (清水良太郎)

[あらすじ] 若者3人組が深夜の森を徘徊していた。なにかを祀った石を見つけるが、1人がふざけて崩してしまう。それから奇妙な現象が相次ぎ、3人組は森の中を逃げまどうことになる。

[感想] ありがちすぎる。無数の手が見える映像も陳腐すぎる。おもしろかったのは、女性が男性2人に見捨てられるところ。生還した彼らの関係がどう変化するかに興味が向く。

物言わぬ隣人 (市原朋彦)

[あらすじ] アパートでギターの練習をしている主人公は、隣人から苦情を受けていた。ある日、アパートで隣人の姿を目撃するが、ふいに消えてしまう。そして数日前に孤独死した老婆の遺体が発見された。主人公は引っ越すが、霊もついてきてしまった。(終)

[感想] 老婆の正体や思惑がわからないため、怖いのかどうかもわからない。騒音に苦情を述べていたころは生きていたはずだから、「姿を見たことがない」という立ち位置はよけいだった。不動産屋を仲介せず、直接ドアを叩けばよかったのに。

黒猫の呪い (荻野可鈴)

[あらすじ] 妹が傷ついた猫を拾ってきたが、姉があやまって死なせてしまう。その日以来、妹の様子がおかしくなり、猫憑きになってしまった。

[感想] なんというか、どうでもいい話。

裏切りの代償 (星乃みづき)

[あらすじ] 主人公は若い女性の雑誌記者で、上司と不倫関係にある。上司の奥さんは病気がちだが、夫の不倫に感づいているようだ。ある日、上司と宿泊したホテルで、主人公は不気味な女性の姿を見る。それは上司の奥さんの生き霊なのだろうか?

[感想] 生霊のビジュアルは怖かったが、意味づけが弱い。奥さんが霊能力者だったとか、じつは別れたくない上司の方が元凶だったとか、なにかパンチが欲しかった。

見知らぬ女の子 (金城成美)

[あらすじ] 主人公は不良娘。いつものように遊び歩いていると、母親が倒れたと知られる。病院に駆けつけると、見知らぬ少女に「返して」と言われた。

[感想] 死んだ姉が警告しているという解釈は無理がある。


 Googleで「もっとあなたの知らない世界 亡霊編」を検索する
 Wikipediaで「もっとあなたの知らない世界 亡霊編」を検索する
 IMDBで「Motto Anata no Shiranai Sekai ~Bourei-Hen~」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B008ONGPPO
思考回廊 レビュー
もっとあなたの知らない世界 亡霊編