レビュー  2012年01月06日  に発表された 

戦慄ショートショート コワバナ 恐噺 幽霊ホテル
Senritsu Shortshort Kowabana Yuurei Hotel

2ツ星

つかみどころがない

このシリーズは初めて見たけど、方向性がつかめなかった。基本は怪談だが、泣かせる系、コメディ系など、いろいろ織り交ぜてあるけど、『世にも奇妙な物語』ほど完成度が高くないため、戸惑ってしまった。なにが飛んでくるかわからないキャッチボールのようなものだ。

  1. 合わせ鏡 ... 女友達がムカつく。呪法を確立して、ひどい目にあわせてやりたい。
  2. 幽霊ホテル ... 浪人によって彼女と別れるラストはリアル。
  3. 44 ... 44歳で死ぬことがわかって、そこからの話を見たかった。
  4. SNS ... きわめてオーソドックスな話。「結界なんか張りやがって」が笑えた。
  5. 冥土喫茶 ... 『世にも奇妙な物語』でやってくれ。

「戦慄」でも「恐ろしく」もない。むしろ怪談縛りをなくした方がよかったのではないだろうか。


 Googleで「戦慄ショートショート コワバナ 恐噺 幽霊ホテル」を検索する
 Wikipediaで「戦慄ショートショート コワバナ 恐噺 幽霊ホテル」を検索する
 IMDBで「Senritsu Shortshort Kowabana Yuurei Hotel」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B005E8XIWK
思考回廊 レビュー
戦慄ショートショート コワバナ 恐噺 幽霊ホテル