レビュー  2013年08月17日  に発表された 

ほんとにあった怖い話(#39) 2013 夏の特別編
Honto ni atta kowai hanashi 2013 Summer

2ツ星

録画してもスキップが面倒だ

なんとなく録画して鑑賞する。例によって稲垣吾郎と子どもたちが騒いで、おまじないを唱えている。霊能力者がいない分ましか。子どもたちは愛らしいが、こうしてテレビに利用されるのを見るのはしのびない。

  1. 2階が怖い ... ありきたりなエピソード。こんなんで泣けちゃう子どもたちがうらやましい。
  2. Xホスピタル ... これまた定番。主人公が吹っ切れた理由がわからない。
  3. 影の暗示 ... 深田恭子は美人だなぁ。
  4. 女子高大パニック ... 教頭先生がリアルすぎて怖い。飛び降りのリピートは笑えた。
  5. 蠢く人形 ... テンポが悪いし、切れ味もにぶい。

途中にCMが入ったり、終了後に子どもたちがキャーキャーいうため、恐怖も吹っ飛んでしまう。どうにかならんもんか。

 Googleで「ほんとにあった怖い話 2013 夏の特別編」を検索する
 Wikipediaで「ほんとにあった怖い話 2013 夏の特別編」を検索する
 IMDBで「Honto ni atta kowai hanashi 2013 Summer」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B00DSQWZTC
思考回廊 レビュー
ほんとにあった怖い話(#39) 2013 夏の特別編