レビュー  2003年08月07日  に発表された 

恐怖新聞 [平成版] 怪奇! 心霊ファイル (PS2)
Kyofu Shinbun Heisei-Ban

2ツ星

リア充、爆発した!

『恐怖新聞』を題材にしたゲームの2つ目。ストーリー、登場人物ともに完全オリジナル。エピソードは6つ(高校、旅館、スタジオ、鉄工所、病院、樹海)。ピクチャードラマのような情報収集パートと、3D空間を歩きまわる探索パートに分かれている。どちらも1本道で、選択によって結果がわかることはない。ぶっちゃけ、ゲームとしては退屈きわまる。

情報収集パートはナレーション、匿名インタビュー、友だちとの会話、実写ムービーによって構成される。顔を映さない実写の立ち絵に、アニメっぽい声がつくと、妙なエロティシズムが発生する。アダルトビデオのドラマパートを見ているようだ。
ストーリーは恋愛要素が強く、好感度を上下させるような選択肢が目立つ。『恐怖新聞』をダシに使った恋愛アドベンチャーのようなだが、もちろん恋愛アドベンチャーではない。ホラーゲームでもない。まごうことなきクソゲーである。
致命的なのは、友だちも自分も救えないところ。漫画ならバットエンドもいいが、あちこち駆け回って全滅ってのはげんなりする。女の子たちといい雰囲気だったのに、これはないよ。

恐怖新聞がガラスをぶち破って配達されるシーンは圧巻だった。

 Googleで「恐怖新聞 [平成版] 怪奇! 心霊ファイル 」を検索する
 Wikipediaで「恐怖新聞 [平成版] 怪奇! 心霊ファイル 」を検索する
 IMDBで「Kyofu Shinbun Heisei-Ban」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B00022FISK
思考回廊 レビュー
恐怖新聞 [平成版] 怪奇! 心霊ファイル (PS2)