レビュー  2011年03月31日  に発表された 

カクセイ 恐怖に目覚める6つのストーリー (全6話)
Kakusei

3ツ星

各話は不満だが、構成で満足する

「トリハダ」シリーズの姉妹番組。「トリハダ」のタイトルを使えないのは大人の事情かな? エピローグで、無関係に見えたエピソードがつながる構成は気持ちいい。
であるなら、第2話「暗示」で催眠技術をおぼえた少女が、成長して黒幕になったとか、第1話、第3話が催眠暗示のテストだったとか、強引につなげてもよかったと思うが、それだと切れ味が劣るか。

プロローグ

[あらすじ] 主人公は売り出し中のグラビアアイドル。首に染みが付いていたり、携帯電話のメールの予測変換に卑猥な言葉が入っていることに気づいて、不安になる。主人公は同業者の友人に相談する。

[感想] やべぇ、いろいろ想像しちゃう。

第一話「接触」

[あらすじ] 主人公はイケメン。夜、コンビニで弁当を買うと、女性店員が必要以上に手を添えてきたので、「きもっ」とつぶやく。その夜から窓に石を投げられるようになる。ここは高層階なのに、どうやって石を投げたのか?
[ネタバレ] ふと見上げると屋上にあの店員がいた。そして大きな石が落ちてきて...

[感想] 手を握る→好意、気持ち悪がられた→殺意ってこと? ただ狂っていたで済ませるのは安直だよ。コンビニ店員は、イケメンに捨てられた女のお姉さんだった、くらいの方が納得できる。

第二話「暗示」

[あらすじ] 主人公は女子小学生。催眠術の本を読んで、お母さんとお姉ちゃんに暗示をかけるが、うまくかからない。
[ネタバレ] 夕方、お母さんは猫になり、お姉ちゃんは飛び降り自殺してしまう。暗示はかかっていた。

[感想] ストレートで驚いた。オチとして、「自分は悪くない」と暗示をかけて、警察が信じちゃうのもありだろうな。「あれがウソをついている子の目か?」とかで。

第三話「循環」

[あらすじ] 主人公は大人の女性。ある夜、スピード写真撮影機に座っている男の足が見える。その次の晩も、同じように足が見えた。日中も同じ。不気味だが、遠回りしたくない。その夜も男の足が見えた。通り過ぎようとすると写真が落ちてきたので、おそるおそる見てしまう。
[ネタバレ] 主人公はなにかに襲われ、暗転。そして写真撮影機に座りつづける女の足が見えるようになる。

[感想] 「世にも奇妙な物語」でありそうな理不尽ループエンド。合理的な説明があると思ったのに。

第四話「盲愛」

[あらすじ] 主人公は就職活動中の女性。ある夜から弟が部屋から出てこなくなった。まるで弟などいないかのように振る舞う両親に、主人公は家族の絆の大切さを訴える。
[ネタバレ] 深夜、人形にスープを飲ませる主人公の姿があった。弟は死んでいた。

[感想] いい感じ。笑いながら弟に接するのは不自然。面接の苦労とか、外に出る勇気とか、まじめに話すことはあるだろう。

第五話「不在」

[あらすじ] 主人公は宅配便の従業員。不在だった家から女性の声で電話がかかり、届けに行くがまたも不在。電気メーターは動いているのに。翌日、ふたたび電話がかかって、ドアは開いてるからいますぐ届けてほしいと言われる。
[ネタバレ] 主人公がドアを開けて部屋に入ると、薄暗がりの奥に女性がいた。急におびえはじめる女性。主人公が振り返ると、暗転。ドアが閉まった。

[感想] またも投げっぱなし。それは禁じ手だよ。ドアを開けられるなら、監禁とは言えない。また監禁している部屋に届け物があるとは思えない。よくわからない。

エピローグ1

[あらすじ] 主人公は友だちに泊まりに来てもらう。友だちが、ファンから送られてきたDVDを見つけ、興味本位で再生する。1枚目はファンからのビデオレター。2枚目に映っていたのは、眠っている主人公のベッドに近づく男の姿だった...

[感想] これはショック大きいわ。

第六話「漆黒」

[あらすじ] 主人公は若い男。気がつくと、どこかに閉じ込められていた。チャックをこじ開けると...
[ネタバレ] そこは路上で、寝袋の中に入っていた。トラックが突っ込んできて、主人公は轢かれる。

[感想] つまり殺人ってこと? 短いから切れ味がいい。しかもこの男は第五話「不在」の配達員。なにかを見たため、始末されたようだ。

エピローグ2

[あらすじ] ショックを受けた主人公は、友だちの部屋に止めてもらうことに。しかし友だちは不気味な笑みをこぼし、ドアを閉めた。

[感想] 友人の部屋は第五話「不在」と同じようだ。友人はライバルを監禁し、それを知った配達員も始末したようだが、もうちょいヒントがないと見落とす人も多いのでないか。それから友だちの目的が、主人公の監禁か始末かわからないのも物足りない。


 Googleで「カクセイ 恐怖に目覚める6つのストーリー 」を検索する
 Wikipediaで「カクセイ 恐怖に目覚める6つのストーリー 」を検索する
 IMDBで「Kakusei」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] 4891949082
思考回廊 レビュー
カクセイ 恐怖に目覚める6つのストーリー (全6話)