レビュー  2006年10月06日  に発表された 

ほんとうにあった怖い話 着信ファイナル
Hontou ni atta kowai hanashi Chakushin Final

2ツ星

着信シリーズ終了

以前、「ほんとうにあった怖い話 着信」を見たが、これは着信シリーズ3作目にして完結編。まぁ、シリーズと言うほど連続性はないが、2本つづけたから区切りとして「ファイナル」が必要だったのだろう。
2016年に鑑賞したから10年前の映像になる。携帯電話のスティック形状、着信音、小さな画面がなつかしい。よくこんなものを使っていたものだ。
ストーリーは安定路線。ただ演技は絶望的。ナレーションの棒読みで急に現実に引き戻された。

清美

[あらすじ] 疎遠になった幼馴染から大量のメール。洗面所の画像。家を尋ねるが会えず。幻覚を見て倒れる。消息不明。

[感想] ナンジャラホイ。

返せ

[あらすじ] 引っ越した家の排水口から指輪。ちゃっかり自分の指にはめると、無言電話。この部屋で死んだ女性の霊が、指輪を帰してもらいたかったようだ。

[感想] なぜ電話をかける?

奇妙なメールマガジン

[あらすじ] 心霊メールマガジンから、接近を知らせるメールが届く。怖い目にあったので、もうメルマガに登録しない。

[感想] うん、メルマガ怖い。

もう一人の彼女

[あらすじ] 佐知子と同棲しながら、後輩のりえとも付き合う男。佐知子が部屋にいたり、電話できるはずないのに、佐知子からの着信が相次ぐ。浮気を告白して、佐知子と別れたが、以来、もう1人の佐知子からの電話もなくなった。

[感想] セックスシーンあり。ネタとしては生霊モノ。もう1人の佐知子と気が合えば、おもしろい展開になったかも。

赤い服の少女

[あらすじ] 山中に携帯電話を捨てに行くカップル。カップルは霊に襲われ、破局してしまった。

[感想] ふうん。


 Googleで「ほんとうにあった怖い話 着信ファイナル」を検索する
 Wikipediaで「ほんとうにあった怖い話 着信ファイナル」を検索する
 IMDBで「Hontou ni atta kowai hanashi Chakushin Final」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B000GWBOXY
思考回廊 レビュー
ほんとうにあった怖い話 着信ファイナル